a little fear
大きく息を吸い込んだあと/ About sympathetic nerves
年末年始のお休みは例年より短く
本当にあっという間で、よく眠りよく本を読んでいたら終わってしまいました。

1月4日から仕事が始まっても、気持ちが乗らず
眠気がずっと強く、仕事もはかどらず、なんとなく低空飛行を続けていたのですが

やっと頭が回り始めたようです。
気持ちの整理整頓が終わったというか。空回りしないでいてよかった。

あるひとに「気持ちいくらいのタラレバ感、丸出しですね」と
嫌味なく笑ってもらえて、ずいぶん救われたりもしました。

どうみたって30歳という数字におびえてしまうし
やっていることは支離滅裂だし、結婚も出産も……

平日のお仕事重視な過ごし方も、中途半端な見かけも
すこしずつ乾燥していく心も身体も、受け入れているからこそ

渦巻いて吐き出して混乱してしまう感情があるということを
直視してくれるひとがいてとてもうれしかったです。

無理して繕って過ごしたところで気持ちが晴れないなら
とことん今の感情を楽しんでしまえ!と開き直れた瞬間でもありました。

きっと5年後に「あの頃は、それなりによかった」ってきっと言っちゃうんだと思う。
だからまあ、いいや!!自分のことぐらいいくらでも傷つけてやろう。


| the happening of the day | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016年のできごと
想像もしていなかったようなことが
たくさん起こった2016年でした。

大好きだなあと思えるひとと
一緒にいられることが、とっても嬉しかったです。

最後は、うまくいかなかったけれど
私の中で、純粋に人を大切に思える幸せを味わうことができたので
とてもいい時間の過ごしかたになりました。

27歳、28歳にもなって純粋に人を愛することができたのは
とってもよかったなあと思います。

別れを告げてからまだ1ヶ月も経っていないのが
嘘のように、遠い思い出に感じられるけれど
たしかに、一緒にいてくれたり、思いが通じた瞬間があったんだなあって。


一方、悪い方の想定外もあり・・・
ずっとずっと大切にしてきた過去の思い出がいくつか
どろっと真っ黒な塊になってしまったりもしました。

人は学習をするのかもしれない。
でも、傷つけることに対して鈍感になっては
絶対にいけないのだと再認識するシーンになりました。

みんな私利私欲だと思う。
少なくとも、それをそうだと意識できるくらいには
敏感でいたいなあと思う。

うまく言えないけれど、自分のせいで
誰かを傷つけることになるのは、あまり気が進まない。

どうして、目の前の人を大事にしようとしないんだろう。
逆のことをされたら、したら、いやだって思えないんだろう。

そういう感覚がなくなってしまった、かつて好きだった人に
落胆したし、軽蔑もしたのに、最終的に加担してしまった。
最低だなあと、ぼんやり思っている。

2017年は、もう少しまともにいたいです。
人を好きになれる幸せを知って、傷つける無邪気さを忌み嫌うようになったから。

無意味な虚勢をはらないでほしい。聞き苦しい。
本当に、本当に、愛されている人はそんな状態を晒したりしない。

余裕のない自信が、そうして過剰な表現となって
人を傷つける為にしか作用しない。まったくもって無意味だ。



ちゃんと、いつも、まっすぐでいたいです。




| the happening of the day | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016年聞いた音楽
12月29日が仕事納め。

5回目の仕事納めですが、おととしとも去年とも違う場所で
自由で、根本的な悩みや迷いがない環境で
すごく、気持ちのいい納めかたができました。

もっとも、体調を崩して早々に退社してきたのだけれど
それも含めて、よい社会人生活でした。

比較的気持ちにゆとりがあったはずの2016年ですが
ここ4年で一番ライブに行かない年でした。

でも、毎日音楽(もちろん邦楽ばかり)は聞いていたので
itunesとyoutubeの再生履歴をもとによく聞いたなあと思う音楽を並べてみようとおもいます。

AL - 花束

AL - さよならジージョ

ほぼandymoriの復活(という言葉が適切かはわからないけれど)!
待ってたよ、小山田さん。
もうなんというか聞いた瞬間、安心と緊張のごちゃまぜになったような感覚が押し寄せてきて
あー、生きていてよかったと思ってしまったのでした。


ストレイテナー - 原色


ストレイテナーもちゃんと聞いてこなかったなあと思って
(なんとなくホリエさんの声に抵抗があったり)
原色はすっと入ってきて、かっこいい!!となった一曲。遠くから聞こえてくるとうれしい。

KONCOS - 月待つ島まで

KONCOS - Parallel World


KONCOSは今年初めてライブに行って、とてもはまりました。
おしゃれ音楽。聞いていて身体が勝手に横に揺れて
足はリズムを刻みだして、無条件に笑顔になれます。

スピッツ - ハチミツ (アルバム)

youtubeにいい映像がなかったので、カバーの方で。
アジカンが歌うグラスホッパーがよかったので、本家を聞いてみると
とってもいいアルバムでした。スピッツのよさを再認識。

フレンズ - 夜にダンス


telephonesの涼平さんがやっているバンド。
歌うまいし、リズミカルだし、なによりかわいい!
夜中にどうでもいいことを考えながら聞いてしまう、ライトポップチューン。

SHISHAMO - 夏の恋人

「いますぐ、じまん、したいよお〜」で止まっていたので
ありゃあ、となった1曲。あまりしんみりしすぎる曲は苦手なのに
たまにラジオで流れると、数時間後に自分でも選んでしまう曲。

Cocco - 強く儚い者たち

Cocco - 樹海の糸


OTODAMAに行く前にCoccoたくさん聞いてました
今までちゃんと聞いてこなかったなあと
綺麗なメロディと具体的なのに思いを重ねやすい歌詞は宇多田ヒカルにちょっと似ている気がする


レキシ - KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ


テンションあげたいときに、聞けばとりあえず、かまたり!
Vキシ全般結構夏は聞いたなあ。


Base Ball Bear - 不思議な夜


ベボベも今年になって好きになりました。
ライブパフォーマンスはいまいち。(back numberもそうだとおもう)(勝手に言う)
でも、高校生活の甘酸っぱさを引きずり続けているアラサーという点で
だいぶ心を引っ張られてしまうのです。

クリープハイプ - 世界観(アルバム)


月に何度かクリープしばりな日がやってくるので
定期的に聞いている1枚。
好きじゃなかったのに、いつのまにか……。

Sumika - アンサーパレード(アルバム)


友達に連れて行ってもらったライブ以降、こちらも月に何度か聞いている1枚。
気持ちが沈んだ時に聞くと少し元気になれます。


中田ヤスタカ - NANIMONO (feat. 米津玄師)


映画「何者」は観ていないのだけれど、the ハマりやすい音楽。

the chef cooks me - 最新世界心心相印


眠る前に一番聞いたのでは。年明けのライブ、楽しみ。


SAKANAMON - PLAYER PRAYER

SAKANAMON - クダラナインサイド

SAKANAMONは去年の夏くらいからハマりはじめ
今年一番好きになったバンドです
PLAYER PRAYERを聞くと泣きそうになるけど、前向きになれる不思議。


以下はみんなもたくさん聞いただろうなあという歌です。




星野源 - 恋


サカナクション -多分、風


Suchmos - STAY TUNE


ASIAN KUNG-FU GENERATION - リライト(2016ver.)


| the happening of the day | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ユーシン渓谷
数か月前に知ってから行ってみたいなあと思っていたユーシン渓谷に行ってきました!
都心から距離はないものの、あまりアクセスがよくないのと(新松田駅からバスで50分ほど)

過去悲しい事故が起こった場所であることも関係しているのか
現状も危険が伴う場所のようで想像以上に、物静かな場所でした。

#参考までに
山北町のサイト
玄倉川水難事故



玄倉から徒歩で2時間ほどで、きれいな「ユーシンブルー」を拝むことができました。



道はほぼコンクリートで、工事用の車両は通れるほどの道幅。
1回だけトラックが後ろからやってきましたが、基本的には安全に歩ける場所です。
ただし、いたるところに、「落石注意」の看板や注意書きが……。


さらに、真っ暗なトンネル(500mほど)を通らねばならずヘッドライトor強めの懐中電灯が必携です。
気軽に調べずに行くと、痛い目をみるかもしれません。

来年富士山に登ろうと思って買った登山靴をおろしていい機会に。2017年は日ごろからもっと運動しよう。




| the happening of the day | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
正しい別れ方/bob to you
クリスマスの予定を聞くことさえ許されぬほど
たぶん、続かないんだろうなあと思っていた関係を

先日、終わらせてきました。

あんなに会えなくなってしまうことを恐れ
理想と現実との乖離に打ちひしがれていたのに

自分でも驚くほど、悲しみに暮れることもなく
すーっと血の気が引いて行って、静かに、お別れできました。

あんなに毎日心配していたのに。

周りの人にはなぜか「おつかれさま」と声をかけてもらう。
さんざん悩んでいた醜い姿を見せていたからかな。笑

ほんとうに、どうにもできないことに、年甲斐もなくたくさん悩んだ10ヶ月間だけど
相手がいたからこそ、たのしいことも、うれしいことも、にやけてしまうことも

ちゃんとあって、だんだん思い出せなくなってしまうけれど
自分を形成する大切な思い出として、ちゃんとしまっておきたいなと思います。

いろいろと思いを巡らせてみても、後悔はないのです。
自分の努力や意識の変化では、どうすることもできなことってあるんだなあと学びました。

強いて言うなら、もっともっとどっしりと
どんなときも、どんなことも、受け入れてあげられればよかったのかな。

でも、きっとそれは、自分の希望とする姿ではなかったし
できれば、同じくらい好きがいいし、同じくらいの思いやりでいたいと思うのです。

心のどこかで「なんで?」って思っていたことを
打ち消そうとしてきたけれど、やっぱり間違っていたんだなあ。

別れてしまうと、不思議とあんなにも焦っていた結婚について
今度は、「まあなんとかなるや」と開き直ってしまったり笑

変に気を負わず、ちゃんと暮らしていきたいなと思います。
そのうち、きっとまた、誰かのことを好きになるでしょう。

そうしたら、そのときまたちゃんと気持ちに向き合って
今度はもっとハッピーに過ごせるように。
それまでは今の環境を大切に。
| the happening of the day | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちいさな不安は消えることがなくて まいにちをちょっとずつつまらないものにしていくけれど、 その小さな不安を1つのブログに表現にしていくことで、 まいにちを少しだけ柔らかく、気持ちをらくにしてくれるのでは? という思いから心の中を書き出しています。
1988年生まれ仙台/東京の西のほう育ち/三人姉妹の二女/モノがすき/広告会社を飛び出してディベロッパーへ/新宿/吉祥寺/洋服/リング/映画/フェス/読書/おかいもの/ウェブデザイン/写真
浪人中:cocor0
就活中:Ladybird
Instagram